現代医療に必要な医師のスキルと資質とは

Home

今、医者に必要な『こころ』

医師に求められるものひとたび病気になってしまうと、検査、入院、治療とどんどんことが進んでいきます。尋ねたいことがやまほどあっても、短い診療時間の間にメモした質問を聞くだけで精一杯。

患者からすると自分の命を預ける唯一無二の医者であっても、医者からすると大勢いる患者のうちの一人。病気を宣告されて戸惑っている心や、不安を受け止めてもらうことは難しく、家族に支えてもらう人がほとんどではないでしょうか。

医者側からすると、医療ミスだ、と訴えられないよう予防線をはりながら、あくまで冷静に客観的に考えられる可能性、情報を伝えるのが仕事です。的確に診断をし、最善の治療法を伝え、治療を行っていくことと共に、同じ人間として、どういった心で患者と接していくことが求められるのでしょうか。

医師であると同時に一人の人間として、最善の医療を尽くしながらも、最後は人間の意志の力や身体の回復力を信じるといった心が求められると感じます。

自然、人間に対する畏敬の念、人知の及ばないところでの何かを受け入れることにより、奢ることなく、患者が自分の人生をしっかりと生きるといったことの手伝いができるのではないでしょうか。

そうした医療を提供できるために、常日頃から医師自身も、自分の心と身体の関係や、身体からのサイン、薬などの手段以外での症状の緩和に役立った事柄、などに敏感になっておくべきであると言えます。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>