現代医療に必要な医師のスキルと資質とは

Home > コミュニケーション能力

コミュニケーション能力

今、医師に求められる2つのコミュニケーション能力と言えば、まず、患者とのコミュニケーション能力です。多くの患者は不安な気持ちで受診します。不安な気持ちを払拭させることができるようにすることが、医師の仕事の一つでもあるのです。そのためには、患者との信頼関係を築けるようにすることが大事です。

最近の医師は患者とのコミュニケーションを重視しており、積極的に話しかけることがあります。世間話も時には必要です。リラックスした状態で診療したり、治療を受けたりした方が、患者の心のケアにもなるからです。

そして、もう1つは医療スタッフとのコミュニケーションを図ることも大切です。チームを組んで治療にあたることが多いからです。険悪な仲ではスムーズに対応できなかったり、満足のいく治療にあたることができなかったりすることもあります。

医師は看護師やその他の医師などと積極的に意見を交わし、コミュニケーションを図ることで、患者のためにもより良い診療ができるようになるのです。

親しみやすい医師と評判 医療功労賞に「気取らない医師」坂根医師が受賞

実際に親しみやすいと評判になった医師が、医療功労賞を受賞したことがあります。受賞した理由としては、「気取らない医師」ということでした。

京都府舞鶴市愛宕浜町の医師で、坂根医院の院長でもある坂根英弥氏が受賞しました。

坂根医師は地域に密着した医師であり、毎日、地域の医療に従事してきました。特に、近所のお年寄りを相手に親身になって診療をしていたことが評判となったのです。

誰でも親しみやすい医者のところに通いたいと思うものです。信頼できる医者ではないと、安心して体調不良を申し出ることはできないものだからです。その点、坂根医師はどんな患者に対しても親身的に対応してくれたところが人気となったというわけです。

威厳のある医者というよりも、このように患者から親しまれる医者の方が、患者としては心地良いものがあります。また、患者と真摯に向き合うことが、現代の医者にも必要と言えるでしょう。

患者の心も体も改善に向かうことができれば、それが一番の治療法にもなります。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>