現代医療に必要な医師のスキルと資質とは

Home > 英語力

英語力

医師としての求められる資質は英語力です。と言うのも、カルテは英語で書かれるからです。また、最近はグローバル化となってきていることから、日本にもたくさんの外国人がやって来るようになりました。

患者の中には、いろいろな人種が居ます。英語は特に世界中で通じる言語として知られていることもあり、どんな人種がやって来ても知っていれば対応できるはずです。

医師も幅広い知識を持つことで、世界に通じることができるようになります。向学心のある医師は、日本だけにとどまらず、海外で働くこともあります。この時にも英語力があると便利です。

外国の患者と接するにしても、英語ができると直接、患者の病状などを話すことができます。伝えたいことが明確に伝わりやすいため、通訳を介するよりも断然、効率的で確実です。

また、外国人スタッフと医療チームを組むこともあります。チームを組むには綿密なコミュニケーションが必要です。この時にも英語力が重要となってきます。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>