現代医療に必要な医師のスキルと資質とは

Home > いまだ不足している東日本大震災、被災地医師

いまだ不足している東日本大震災、被災地医師

今、必要とされている医師は、未だに不足している東日本大震災の被災地医師です。被災地には災害によってなくなってしまった医療機関もあります。また、医療従事者も亡くなってしまったという場合もあります。

患者も増えてきており、その原因は東日本大震災によるストレスという人も居ます。慢性疾患患者は長期に渡ってじっくりと治療していかなくてはなりません。だからこそ、信頼できて長く携わってくれる医師が必要となります。

震災前のように充実した医療機関が整うまでには、まだまだ時間が必要です。万全な医療機器なども揃っていない病院もあります。患者にとって安心して診療してもらえる医療機関の機能を回復させることも早急に必要ですが、被災地で長期に渡って働ける医師を募集することも大事です。

元々、被災地に住んでいる医師だけではなく、別の地域から被災地で働くことを希望する医師が増えることが望まれています。通勤可能という医師でも、被災地にとっては重宝するはずです。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>