現代医療に必要な医師のスキルと資質とは

Home > 女子スポーツ選手を診療する医師を育成

女子スポーツ選手を診療する医師を育成

女子スポーツ選手が活躍する時代になってきた今、いろいろと女性ならではの問題も出てきてしまっています。例えば、無月経となってしまったり、疲労骨折してしまったりという女子スポーツ選手が増えてきているのです。

このような現状を打破するために、日本産婦人科医会は、女子スポーツ選手を診療する医師を育成することになりました。専門的な知識や技術が必要になることから、普通の医師とは違った育成方法となります。

女子スポーツ選手は体重制限をすることが多く、それによってホルモンバランスが崩れ、無月経となってしまうことがあるのです。また、無月経によって疲労骨折も起こりやすくなります。これでは、スポーツ選手として活躍するどころから、健康状態も危うくなってしまいます。

むやみに薬を使ってしまうとドーピング違反となってしまうこともあるため、医師は薬の知識も必要です。月経を起こせるようにし、丈夫な体で存分にスポーツができるような治療を行っていくことになります。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>