現代医療に必要な医師のスキルと資質とは

Home > 小児科と産婦人科で深刻化する、医師不足

小児科と産婦人科で深刻化する、医師不足

町の小さい医療施設等で子供も診察してもらえる所へ行くと平日は子供がたくさん診療の順番待ちをしている光景をよく見かけます。患者の数に対して診察する医師は一人か二人が普通になっています。

小児科と産婦人科の医師が不足した理由には、子供の出産や子供の病気は24時間いつやってくるかわからず、常に付きっ切りでいなければなりません。そのため、医学生や研修医が選びたくないと思うのは自然なのかもしれません。ですが、これだけでは医師不足の理由は説明不足といえます

小児科と産婦人科、どちらを比較してみても医師不足が深刻化しています。その理由は、子供の病気や出産には不足な事態が起きやすく、仮に起きてしまったら運が悪かったでは済まされません。

それらの医療事故に対する世間の目が昔よりも厳しくなっていて、それらのリスク要因から避けようと考える医学生、研修医が増えたのが理由だと思われます。また、診療報酬を受けにくいのも大きな要因です。

リスクが大きいのに報酬が割に合わないと見られている可能性もあります。大きな病院等でこの二つの科で医師が足りずに閉鎖になってしまう例が多いのは、これらが要因です。今後は、速やかに対策手段を打ち出す必要があります。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>